30代後半に差しかかってから早数年。

実年齢よりは若く見られますが、じっくりと近くで見ると、やはり年相応になってしまったなと我ながら感じる近頃です。

それでも可能な限り未来の自分の為にと心掛けている美容法は、何よりも保湿。

朝と夜の洗顔のあとに、温泉水を使っているローションを使っています。

温泉水は肌馴染みがとても良く、スーッとしみ込んでいきます。

その化粧水をコットンパフではなく手の平に出して、はじめに顔の全体につけます。

それを2~3回やります。

次に手に平にとったローションを手の平で両目をパッティングするように手をあてます。

その状態で20まで数えてなじませます。

同様にして額とほおを染み渡らせます。

これまでやって、まだ肌が水分を受け入れそうな場合は、徹底的にローションを浸透させるのです。

たっぷりとローションを入れたら、美容液やミルクは使わないで、クリームで潤いを閉じ込めます。

これが自分の究極の肌ケアです。

これにプラスして、内側から美肌になる為に、就寝する前に、ニンジンとレモンのジュースを必ず飲んでいます。

レモン汁に含まれるビタミンCは朝のうちに取るより夜摂取するようにしています。

日中は紫外線にさらされるので抜かりない措置を取るべきですが、措置も無く朝のビタミンC摂取は用心の為に我慢しています。

これが私の基礎美容法です。

あたしの場合、美容の中でも、ことに肌荒れに関して気をつけています。

私の今の年齢は24歳ですが、なんだか二十代になってから、ちゃんとしたお肌のお手入れ等をしないと朝の化粧に響くようになりました。

加えて私は便通も良くないので、ちょくちょく吹き出物が出来ちゃうんです。

だから、スキンケアとして2項目だけ心掛けて実施するようにしたら、昔よりも肌荒れしなくなったのです。

まずはじめに、「水分補給」を意識的にするってこと。

ワタシはそれまで積極的に水分を摂らなったのもあって、便秘気味だったんです。

なので、小まめに水分をとったり、「カフェイン量」にも目を向けて、カフェインレスのものにすることでお通じ改善に努めました。

それから就寝前のお肌のお手入れを必ず行うことです。

自分は肌が弱くって、あらゆるローションやクリーム等でケアしてみたものの、どうってことなかったり、お肌に合わなくなったりと大変でした。

ネット上で「ハトムギローション&ニベアクリーム」って最強コンビで、低費用でお肌のお手入れができるっていうのを読んだんです。

どんな肌質の女性でも試しがいのある組み合わせと記されていたので、すぐに試しました。

毎日、湯上がりにハトムギローションを浸透させて、後にニベアクリームでフタをするだけというすごく単純なお手入れですが効果は絶大でした。

半年以上続けていますが、肌荒れに悩まず過ごせています。

水分不足にならないようにする事で体内の調子を整え、日々の適切なお肌のお手入れが本当に肝心なのだと分かりました。

カラダを温めようと頑張っていたら私の周りにはいろんなものが・・・。

湯たんぽはもちろん、保温力の高い水筒に保温力の高いマグカップ。

この保温マグカップには蓋が付いていて飲むときには口が当たる部分だけ開く仕組み。

ですから思った以上に冷めにくいのでずっと温かいまま飲み物が飲めるのです。

それにふわふわの温かいクッション。

保温力が高いインナーなどなど数えだしたら終わりません。

からだが冷えた場合美容のために悪いということより命に関わるんじゃないかと怖くなるのです。

熱さには強いのに寒い事には弱くってカラダは動かなくなるし背筋が曲がってしまう事もあるのです。

寒い時には背中が丸まってしまいませんか?冷えた時の私は左右の腕をさするようにしながら体勢が前かがみになります。

その体勢が胸を押さえつけてしまうので体には悪影響なのです。

体に影響があればいずれ美容にも関係してきます。

出来る限りからだを冷やさないようにして胸に圧力がかからないようにしています。